top of page

​コンセプト

私たちは

ロゴ.jpg

​耳が「聞こえる子」「聞こえない子」にあるバリア壊したい

いう想いから
​様々な活動をしています

​✔︎聴覚障害のある人と関わったことないな

聴覚障害を持って生まれる割合は1000人に1人と言われています。生まれながらにして聞こえない先天性の聴覚障害だけではなく、交通事故や突発性難聴等による後天性の聴覚障害の方たちもおり、聴覚障害という大きな枠組みの中に、たくさんの聞こえ方の人たちがいます。ろう学校は都立だと東京都に4校のみ。近くにろう学校がないために、みんな遠いところから通っています。同じ学年の友達は、5人以下の所も多く、コミュニティも狭いです。そんな中、聞こえる子は地域の学校で、聞こえない子はろう学校で過ごし、互いを知らないまま大人になっていきます。そこにとても大きなバリアを感じており、そんな現状を打破すべく、耳が「聞こえる子」も「聞こえない子」も共に関わる居場所『POC HOUSE』を作りました。

​✔︎学習のサポートをして欲しいけど
手話が使える塾が近くにないな

様々な形式の学習塾が増える中、耳が「聞こえない子」は聞こえない事による学習のし辛さから、取り残されている子が多く存在します。そこで、ろう者や難聴者の子たちも伸び伸び学習できる環境を整えたいという想いから、新たに『POC STUDY』というものを立ち上げました。また、不登校で学校に通えてない子、学習に遅れを感じている子など、障害のあるなし関係なく、平等に学習する機会を作っています。手話を使って話したい健聴の先生から、手話を第一言語とする、ろう者の学生もいます。働きづらさを感じる、ろう者や難聴者の学生などの雇用にも繋がっています。

​✔︎手話ができるようになりたいけど

​手話ができるようになりたい!手話で会話してみたい!けど、「どこから勉強すればいいか分からない」「手話の本だと動きがなくて分かりづらい」「忙しくて手話サークルや講習会に通えない」などの悩みを解決するため、新たに『POC SIGN』という手話動画教材を作りました。好きな場所で、好きな時間に、好きなだけ手話を動画で学べる学習サイトです。(HP・手話動画大幅リニューアル中)

​✔︎耳が聞こえないだけでしょ?

クラスに1〜2人いると言われている発達障害について、知る機会や耳にする機会は増えたと思います。また、視覚障害肢体不自由など目に見えて分かるので何に困っているのか理解しやすいと思います。しかしながら、聴覚障害は「補聴器付ければ聞こえるんでしょ?」「普通の人とあまり変わらない」などと、見た目では分かりづらい障害なので軽視されやすいです。ただ、これはこう思う人が悪いという訳ではなく、知る機会が少ないだけだと考えています。入口は何でもいいので「耳が聞こえないってこんな感じなんだ!」とか「私も手話習ってみようかなー」など思ってくれる人が増えていくことが、耳が聞こえない人にとって、より過ごしやすい環境になると考えています。そこでSNSを活用し、YouTubeTikTokなどで発信活動をしている他、地域の小学校などで講演活動を行っています。

bottom of page